完全ワイヤレスイヤホンの活用法4選【ながら作業で効率的に情報収集】

  • URLをコピーしました!

完全ワイヤレスイヤホンを買ってみたは良いけど上手く活用できずに困っていませんか?

完全ワイヤレスイヤホンは上手く活用することで手放せないガジェットとなること間違いなしです。

このような方に向けて書いています

  • 完全ワイヤレスイヤホンを上手く使えず放置気味になっている
  • せっかく買ったので音楽を聴く以外にも使いたい
  • 隙間時間で情報収集を上手くやりたい
  • 完全ワイヤレスイヤホンで出来ることが何かよく分かっていない
目次

完全ワイヤレスイヤホンはコンテンツをながら作業で消費できるようになる最高のガジェット

手軽に持ち運びができる

現代社会は自分の時間を持つことが難しくなっています

特に就職や結婚などのライフイベントが起きる度に自分の時間は更に失われていきます。

そのため、隙間時間を活用したり、いくつかの作業と同時進行をすることで時間を確保するしかありません。

完全ワイヤレスイヤホンの最大の利点は多くの分野のコンテンツを手軽に「ながら作業で消費」することが可能となることです。

持ち運びも手軽な上に、ケースから取り出すだけでスマホと接続できるため様々な場面で手軽に使用できます。

わずかな隙間時間でも情報のインプット時間に変えることが可能です。

  • 自分の時間が確保し辛い社会生活で隙間時間を最大限活用するためのツールになってくれる
  • 面倒なイヤホンを使用するための行程を排除することで手軽さが生まれ、ついサボってしまいたくなる心理を正してくれる

音楽鑑賞で活用

イヤホンを使用する場面は通学中や通勤中に音楽を聴くという方が大多数かと思います。

これも目的地までの行き帰りの移動をしながら音楽を聴くのはながら作業での消費になります。

音楽を流しながらパソコンなどで作業をしたい方も多いと思いますが音楽を自由に流せない場所もあります。

そのような時でもイヤホンを活用することができます。

また、自分のスマホに入っている音楽を聴くことも可能ですが、最近は最新の曲が聴き放題となるようなサブスクリプションもあります。

動画視聴で活用

動画視聴でも完全ワイヤレスイヤホンは活躍します。

最近の動画配信サービスは字幕を見ることで音声なしでも楽しむことが出来る様になっていますが、完全ワイヤレスイヤホンを活用すれば手軽に音声まで含めてコンテンツを楽しむことが可能です。

コンテンツの消費はもちろんですが、ここでは隙間時間で動画視聴をして情報収集をすることをお勧めします。

YouTubeのながら視聴で効率よく情報収集をしよう

現代は多くの情報が動画として配信されています。

特にYouTubeは様々な企業や著名人、インフルエンサーが有用な情報を発信しています。

様々な分野の最新情報を無料で手に入れることができます。

ながら視聴用の勉強動画も多く配信されているので語学の勉強や資格試験の勉強にも使用可能です。

YouTubeは有用性が高く分かり易い動画が好まれる傾向にあるので、簡単に纏められた情報を手に入れることができます。

隙間時間で情報収集をすることで学んだことを実践するための時間を確保することが可能です。

僕自身の活用方法紹介

僕の場合は政治や経済の情報の多くはSNSとYouTubeのながら視聴で収集する様にしています。

ブログでのアウトプットにも時間を割く必要があるため情報収集は短時間で効率的に行わなければなりません。

そのため、完全ワイヤレスイヤホンを使用して通退勤の時間や、買い物の時間、昼休みを活用してインプットの時間に充てています。

特に副業をされてある方は様々な分野の情報感度を下げない様にするためにもインプット時間の確保は怠らない様にするべきだと思います。

動画での情報収集を更に効率的に行うにはYouTube Premiumに加入することをオススメしています↓

読書で活用

ゆっくり読書をしたい派の方にはお勧めできませんが、本から情報収集をする方も多くいらっしゃるかと思います。

電子書籍が以前よりも一般的になってきたので昔よりも気軽に本を買える様になった気がします。

しかし、文字を読むという行為は視覚の大部分を奪われるため移動中にながら読みをすることは非常に危険です。

最近では本の読み上げサービスが増えてきているので、これらを活用して読書をするのも有りかと思います。

代表的な読み上げサービス
・Amazon – オーディブル
・audiobook.jp

読み上げサービスはYouTubeの動画ほどながら作業での消費には特化していないため聞くだけでは内容の理解が不十分になりやすいです。

そのため、周囲の雑音を消して聞くためにもノイズキャンセリング機能が有った方が内容に集中できるかと思います。

自分の空間を作ることに特化したモデルAirPods Proに関する記事はこちらから↓

通話で活用

昔は受話器を耳に当てて通話をしていましたが、今はスマホ本体を耳に当てていますよね。

時代が変わると通話のスタイルも変化していきます。

完全ワイヤレスイヤホンを装着していればポケットからスマホを取り出すこともなく通話が可能です。

当然、スマホを耳に当てるために手が塞がることも有りません。

リモート通話が主体の時代に

今は通話は音声のみでなく映像も一緒に見ることができるリモート通話が主体になりつつあります。

リモート通話ではマイクとヘッドホンが付いたヘッドセットを使用されることが多いですが、端末と有線接続をしていると端末の前から離れることができません

完全ワイヤレスイヤホンを使用することでマイクとヘッドホンの役割を果たしつつ移動も可能になります。

そのため、リモート通話であってもながら通話が可能となります。

近頃流行っていると言われる「リモート同棲」をしても、通話をしながら部屋の片付けや料理も出来るので家事を疎かにせずに通話を楽しむことが可能です。

通話はお互いの声が綺麗に聞こえてこそなのでハイエンドモデルをオススメします。

こちらのリンクからどうぞ↓

とりあえず、通話さえ出来て安く済ませたい方は最高のコスパを誇るSoundcore Life P2がオススメです。

こちらのリンクからどうぞ↓

まとめ

つい「面倒臭いな。」とサボりたくなる心理は始める前までの作業行程が増えれば増えるほど強くなります

完全ワイヤレスイヤホンは装着するだけで各コンテンツをながら作業で消費することが可能となります。

特に情報のインプットで使用する場合は、ケースから取り出して耳に装着すればすぐに使用できるため隙間時間で情報収集や勉強をすることが簡単に可能となります。

手軽であればサボる理由も少なくなり、継続ができればそれは習慣となります。

ながら消費のための最強のガジェットとなる完全ワイヤレスイヤホンをしっかりと活用して良い習慣を身に付けましょう。

( ・´ー・`)

紹介商品一覧

Soundcore Life P2 – Anker

AirPods Pro – Apple

スポンサーリンク

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる