隙間時間の作り方は?【便利グッズで手軽に時短】

  • URLをコピーしました!

何かと忙しい現代社会ですが、やる事が増えても時間は1日24時間から増えることはありません。

新しく何かを始めるには今の生活で行っている事を辞めるか隙間時間を作り出す必要があります。

今回は隙間時間を作り出す方法の紹介をします。

このような方に向けて書いています

  • 難しいテクニックを使わずに時間を作りたい
  • 少しでもやりたい事のできる時間が欲しい
  • 今やっていることを辞める事なく時間を作りたい
目次

隙間時間を生み出す方法は?

日常生活続けていく上で時間を作る方法はほとんどこの2択になります。

  • 今の生活で行っていることを辞める
  • 時間管理をして隙間時間を作り出す

今の生活で行っていることを辞める

時間を作るためには今の生活で行っていることを辞めることで簡単に作り出すことができます。

例えば、TVやYouTubeを視聴したりゲームをする時間を辞めるなど娯楽を辞めることが挙げられます。
また、睡眠時間を削ったり、仕事を辞めてしまうことも手段です。

しかし、実際にはそう簡単にこれらを辞めることは出来ません。

仕事を辞めてしまえば生計が立たなくなり生活に支障をきたします。
簡単に削れそうな娯楽の時間や睡眠時間を削ると精神面や身体面に支障をきたし健康を害してしまう場合もあります。

実際に今の生活で行っていることを辞めることが出来るものは少ない上に、無理に辞めてしまうと様々な面で不具合が出てくることになりそうです。

時間管理をして隙間時間を作り出す

現在行っていることを辞めずにスキマ時間を作り出す方法は3つになります。

  • 作業を自動化する
  • 作業効率を上げてかかる時間を短くする
  • 作業を同時進行してトータルの時間を短くする

これらを達成することで時間を生み出すことは可能ですが、綿密なスケジュール管理をしたり作業毎に〇〇術的なスキルを身につける必要があります。
スケジュール管理や特殊なスキルを身に付けることは非常に有用ですが、スケジュールを作ったりスキルを身につける事に時間を使う事になるので、今すぐに何かやりたいことが後回しになってしまいます。

隙間時間を作り出すためのスケジュール管理の方法はコチラから↓

道具を使えば手軽に時短効果を享受できる

今やっていることを辞めずに隙間時間を手軽に作り出すには道具やサービスを使うことです。

そもそもヒトは道具を使用することで進化してきた生き物です。
縄文時代には石器を使って狩りを行い、火起こし機で火を着けて調理をしました。
現在、大した労力をかける事なく生活が出来ているのは様々な道具を使用しているためです。

道具を使用する利点は特殊なスキルを使用することなく恩恵を受けることが可能な点です。

ここ数年は技術革新の過渡期と言える状況で、スマホこそ誰でも持っていますがスキマ時間を生み出す最新の道具に関してはまだ一般には浸透しきれていません。
また、スマホを含めたガジェットもアプリゲームやネットサーフィン、エンタメ消費に留まっているのがほとんどで多くの機能を活用しきれていないことが多いです。

3つのポイントをみて隙間時間を生み出す道具を探そう

この章では隙間時間を作るための道具の評価すべき3つのポイントについて解説していきます。

  • 自動化
  • 効率化
  • 経済性

自動化について

自動化とは道具が作業工程の全て、及び、一部をおこなってくれることを指します。
道具が作業をしてくれるとその分が自由な時間となります。

家電で顕著に効果が出るのは洗濯機が挙げられます。
昔は桃太郎のお婆さんのように川に行って洗濯板を使って洗濯物をこすり洗いしていました。
しかし、洗濯機が生まれてからは川で洗濯物を1枚ずつ洗う必要は無くなりました。
洗濯機の進化としては脱水、乾燥が時代と共に自動化をしていきましたがここでは長くなるので割愛します。

家電は時短に特に特化しており種類も豊富なのでスキマ時間を生み出す点では是非活用したいグッズです。
作業の自動化は時間をダイレクトに生み出してくれる事から非常に重要な指標になります。

効率化について

効率化は自動化程のインパクトは無いものの作業効率が飛躍的にアップする道具も隙間時間作成には非常に重要です。
道具1つで作業効率がアップするのであれば隙間時間も作り易くなりますよね。

ロボット掃除機が掃除の自動化だとすると、スティック型コードレス掃除機が掃除の効率化になるかと思います。
スティック型コードレス掃除機を使用するとコードの抜き差し作業が無くなるため掃除時間の短縮になります。

全自動が難しい分野に関しては特に効率化は無視できない要素になります。
効率化はちょっとした小物でも可能なため導入コストが安くなるのも魅力です。

無視できない経済性

経済性を無視できない理由は、いくら自動化が出来たとしても運用していく上でお金が掛かり過ぎては意味がありません。

例えば、洗濯物を全てクリーニングに出すようにすれば洗濯物を洗って干す時間は無くなりますがお金は無尽蔵に減っていきます。
バグった収入が有るのであれば問題ありませんが一般的ではありません。
そもそも時短のために大金を使ってしまっては時間を手に入れてもやりたいことが出来なくなってしまうことも少なくありません。

そのため、経済性と言う指標は切り離すことが出来ないものとなっています。
ただし、お金を全くかける事なく手に入れられる道具やサービスはほとんど無いため、経済性は所謂コストパフォーマンスを表すものとなります。

逆に少しの手間をかけることで経済性が爆発的に良くなるものも紹介していきたいと考えています。

実際に隙間時間を作り出してくれる便利な道具やサービスは?

自動化や効率化で実際に隙間時間を作り出してくれる具体的な例を挙げていきます。

各作業の自動化

自動化に関してはメーカーの関心が高く、様々な分野で自動化するための道具が出てきています。
細かく挙げていくとキリが無いので隙間時間を生み出す効果が高くメジャーなものを中心に紹介します。

家事の自動化

  • 斜めドラム式洗濯機
  • 食器洗い乾燥機
  • ロボット型掃除機
  • 自動調理家電
  • 家事代行サービス

etc..

家事の自動化は捻出できる時間が非常に大きいです。
逆に言うとそれだけ家事には時間が掛かっているという証拠になります。
以前は超高級品だった自動家電も今では手の届き易い価格帯でも十分に満足できる性能となっています。

斜めドラム式洗濯機、食器洗い乾燥機、ロボット掃除機は現代の3種の神器と呼ばれる程便利な時短家電と言われています。
自動調理家電は子育てで忙しい現役世代に人気が出てきており家電量販店でもよく見かけるようになりましたね。

家事代行サービスは水回りや換気扇、エアコンの清掃など時間やスキルが必要な作業に関しては特に効果を発揮します。

日々の生活の自動化

  • スマートスピーカー
  • スマートハブ
  • スマートリモコン
  • スマートロック                    

etc..

日々の活動の自動化とは徐々に浸透しつつあるスマートホームが得意とする分野です。
スマートスピーカーに指示を出すと家電を操作してくれます。
設定次第では時間になったら作動するようにすることも出来ます。

よく使用されているのがスマートライトやスマートカーテン、スマートロックといったものになります。
これらを使用すると出かける時にはスマートスピーカーに「行ってきます!」と声を掛けるだけで自動で照明を消してカーテンを閉め、玄関から出るとオートで鍵が閉まってくれるなんて事も出来てしまいます。

主にスマート家電に対応した家電を操作する事になりますが、スマートハブやスマートリモコンを使用することで従来の非対応家電もスマート化することが可能です。

スマートリモコンを選ぶポイントはコチラから↓

仕事、作業の自動化

  • 外注をする(ココナラなどのサービスで依頼する)
  • ショートカットの作成(スマホののショートカットアプリなどを活用)

etc..

自動化というとちょっと違うかもしれませんが仕事の外注も効果絶大です。
僕はブログ内のパーツは自作している事が多いですが、イラストも1つ1つ作っていると時間がかかってしまいます。
ココナラのようなサービスで外注すると自分で作る時間が丸々浮きます。

スマホの機能をより便利にする方法としてはショートカット系のアプリを活用も手段になります。
僕の場合はiPadはスマホのテザリングで使用していますがテザリング画面に手軽にいくことの出来るショートカットを作ったりも出来ますし、特定のアプリを使用すると自動で通知を切ったりすることも出来ます。
ショートカットアプリの活用は驚くほどスマホを便利に出来ますが最初の設定が難しいのが弱点になります。

各作業の効率化

  • 掃除機をコードレスへ変更する
  • 出力の高いドライヤーに買い換える
  • 古く動作の遅いスマホを最新の機種に買い替える
  • 鍋を圧力鍋に変える
  • みじん切り器を使用する

etc..

作業の効率化が出来る道具は家電のグレードアップも効果的ですが、雑貨類を導入することでも達成ができます。
キッチン雑貨はガジェットのように金額が高いものは少ないので気軽に導入できることが最大の強みになります。

また、ハードを購入するだけでなくソフトでも解決ができる場合もあります。
自動化でも挙げたショートカットアプリの活用や、クレジットカードと家計管理アプリの紐付けでほとんど自動化に近い効率化が可能な事もあります。

また、無理のない作業の同時進行で実質的な時短もできます。
オススメは「ながら作業での情報収集」です。
食事や家事などと同時進行をしながら朗読アプリサービスを使って読書したりYouTube動画などで勉強をすることも効果的です。

ながら作業での情報収集に関してはこちらの記事でも解説しております↓

まとめ

当ブログでは隙間時間を作るための道具やサービスに関する発信をしています。

紹介した道具やサービスを自動化、効率化、経済性のポイントで評価も行なっています。

道具やサービスを活用して生活の中の無駄を無くし、隙間時間を確保して自己実現を目指しましょう。

下のリンクから3つのポイントそれぞれで最高評価だったものの記事を読むことができます。

自動化で高評価だったもの

効率化で高評価だったもの

経済性で高評価だったもの

作った時間をどのように活用するかもとても重要です。
せっかく作った隙間時間を有効活用したいのであれば資産形成に役立つこれらの記事を読んでみてください。

副業を続けて行くためには勉強を継続することも必要です。
僕が実践している隙間時間を使った勉強法はこちらから↓

スポンサーリンク

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる